インプラントは外れる心配がないからアスリートにもおすすめ

入れ歯トラブルに悩んでいる人はインプラント治療を検討してみよう

入れ歯の髪合わせが悪い、雑菌が繁殖して臭いが気になる。こうした入れ歯トラブルに悩んでいる人はインプラント治療を検討してみましょう。

インプラントと入れ歯の使い心地を比較

自分の歯のように使える

インプラントは顎の骨にインプラントを埋め込み、入れ歯を固定するので入れ歯がずれることがなく、まるで自分の歯のように使うことが出来ます。噛み合わせが悪い、入れ歯だち上手く噛みあわないといった人にぴったりです。

気軽に脱着可能

入れ歯は自分の歯にかぶせて使用する方法で、硬いものを噛むときは少し大変でしっかり消毒をしないと雑菌が繁殖して臭いの原因になるのできちんとお手入れが必要になります。

歯科で治療を受ける前に歯医者の評判と治療方法について調べておこう

歯科で治療を受ける前に、その歯医者さんの治療方法や評判はどうなのか、口コミサイトや比較サイトを利用して情報を集めておきましょう。

歯科に関する情報

医療器具

自分にあった場所で治療

歯医者さんといっても小児歯科や予防歯科など様々な診療科があります。目的に合った診療科を選ぶことで効率よく虫歯治療や予防をすることができます。

Read More
歯型

歯並びの治療方法について

ただ虫歯を治すだけではなく、かみ合わせを矯正する矯正歯科というものがあります。噛み合わせを治すことであごの関節痛や肩こりを解消することができます。

Read More

インプラントってどうなの?メリットや費用を徹底調査

婦人

インプラント治療を受けるべき人

インプラント治療が向いている人として、入れ歯が元々嫌いで噛み合わせも合わなくて困っている人や人前で話すことが多い為歯を綺麗にしておきたい、陸上などのスポーツ競技をしていて歯を噛みしめる方や残っている歯を守っていきたいという人がインプラント治療には向いていると言えます。またあごの骨がしっかりとしている方は更にインプラントは適しています。

歯型

健康保険は使えないが医療費控除の対象になる

インプラント治療は保険適用ではない自由診察の為、通常の診察料金よりもはるかに高くなってしまいます。しかし、インプラント治療は医療費控除の対象となり、1年間で医療費に使用された金額が10万円を超えると控除の対象として申請をすることが出来ます。治療を受けた際の領収書や通院の為に使用した交通機関の領収書が必要書類になります。

インプラント治療ってどんな方法?インプラントに関する質問

インプラント

2回法と1回法の違いは何ですか?

2回法はインプラント手術を2回に分けて行う方法で上あごは4カ月から半年、下あごは3カ月から4カ月開けてから治療になります。1回法は分けずに1回ですべての治療を行う方法です。

インプラント治療ができない人もいますか?

インプラント治療が出来ない人として、あごの骨が細い人、免疫不全や1型糖尿病の患者さんはインプラント治療を行うことが出来ません。

インプラントの種類は?

インプラントにも2ピースタイプと1ピースタイプがあります。2ピースタイプは顎の骨がやせ細っている人や全身疾患を持って居る人でもできます。

インプラントの寿命は何年ですか?

その人の使い方やメンテナンスにもよりますが、一般的にインプラントの寿命は10年以上と言われています。入れ歯の場合は再治療が3年から5年と言われているので寿命が長いです。

寿命を延ばす方法は何ですか?

家庭で寿命を延ばす方法として、ブラッシングを丁寧に行ったり歯の定期検診をしっかりと受ける事、常にお口の中を衛生的にして虫歯や歯周病の発生リスクを減らすことでインプラントの寿命を延ばすことが出来ます。

[PR]
宮崎で利用するインプラント
入れ歯やブリッジが嫌な人におすすめ